FC2ブログ

Real Honey

ジャニヲタになって十数年。仁くんと関ジャニ∞溺愛です。最近は関Jr.も大好きです

Entries

∞京セラ8月19日

京セラドーム1塁側のバックス近くで見やすくいいお席でした~

メインステに行くとちょっと遠いですけどね。

メインの画面が2画面になってて、見やすかったです。


さ、今日も参戦することになったので、全部書けないかもしれませんが・・・・


昨日の飲み会で酔っ払ったあやめ・・・。
最後のほうは、呂律まわってなかったような・・・
初めましてな方もいらっしゃたのに。
でも、楽しかったです~~。またよろしくお願いします。


(追記)
MC後の後半戦です


・OP  ・Do You Agree?

ポップアップで登場し1列でバックステまで歩いてくると、来た~~~ってテンションあがりますよ~~

やっぱり亮ちゃんの髪は残念でしたが・・・・


・旅の~

最後のほうで、たつよしのドラムが回転。(東京の1日目はなかったから、初めてみました)
これ、いいですね~。近くでたつよしのドラム叩く姿じっくり見ましたよ~

・魅せてくれ  ・∞o'clock
メンバー紹介もバックステだから近い。
亮ちゃんの「章ちゃ~~ん」が好き
横さまヒナちゃんの紹介のときまだメインステ近くにいて、かなりのダッシュしてました~~


・ズッコケ~
章たんが煽るときに「地元大阪~」って。
自己紹介なし
でも横さまだけ「村上信五で~す」って。
横さまがそれ言ったからか、「関ジャニ∞で~す」と「ズッコケ男道」って別れてグダグダなメン

挨拶

横「イエーイ。ただいま大阪。(おかえり~)俺たちが関ジャニ∞だぞ~。横山裕くんだよ~。最後まで盛り上がって行こうぜ~」

章「どうも安田章大です。盛り上がってますか?気持ちいいですか?テンション上がってますか?
めっちゃ気持ちいいやんけ。最後まで楽しもうぜ。よろしく」

忠「どうも椿純です(ポーズ付き)元気ですか?もっと元気ですか?もっと~。盛りあがっとるやないか~い(髭男爵風)はい。今日も盛り上がって行こうと思っていますので、皆さん最後の最後まで盛り上がって行くぞ~」

す「こんばんは。渋谷すばるです。こんばんは、渋谷すばるです。こんばんは、渋谷すばるです。
あ、元気にしてますか?大阪久し、ぶり(噛んだ?)ってことでね~、もう暑いですね~。汗くさいことになるかもしれませんけど、その辺は助け合いと支えあいと、お互いの認め合いと色んなもので皆さんと素敵な時間を作って行きたいと思います」

亮「こんばんは。錦戸亮です。元気ですか?じゃ、スタンドの1番上元気ですか?(イエーイ)その下元気ですか?(イエーイ)アリーナ~~~~(このときの言い方がめっちゃ可愛い)」

ヒナ「こんばんは、村上信五です。子供の∞er元気ですか?男の∞er元気ですか?お~テンション上がるな~。最後みんなで声でてるか?最後まで歌えるか?汗かけるか?最後まで飛べるか?
OK今日は最後まで盛り上がっていこうぜ~(声が裏返るヒナちゃん)」

丸「どうも~こんばんは。丸山隆平です。じゃ、今日はお歌に乗せて行きますよ。♪右手上げ~て。
拳をグーにして天にかざしながら~心が~(パーン)あ~気持ち良い。あ~あ~気持ち良い。
それじゃ、さそっくこの曲から行ってみようかHeat is on」

・Heat~  ・Explosion
ドームではバック転すると思ってたのにしない亮すば。二人そのあと笑ってました・・・
すばヒナ丸は、じゃんけんせず見詰め合ってただけだったような・・・見逃したかも。

・ケムリ  ・未来の向こうへ


・太鼓  ・F.T.O
エロ太鼓なし。
正面の2画面が別々の映像を流してくれてたので、色んな角度からたつよしの姿が見れました~~

忠「かぶってる~~」
丸「ま、確かに夏はカブトムシやけど。っておい。相当な痛手を受けてしまった」

尺八した後、丸ちゃんたつよしから蹴られるの待ってますよね?最近(笑)

ドームは横すばが出てくるところが違うから探してしまいました。
横すばの派手な振りはあったけど、ミニマムズはなく・・・残念。

・天誅
ここもお遊びがなく、ヒナすばも普通だし、丸ちゃんもおふざけせず・・・・
ドームは遠いんですかね~
傘がみんな赤でした~


・サムライブルース
ここは、ミニマムズを。マイクを満面の笑みですばるに渡そうとする章たん。
お礼はするもマイクは受けとらず行こうとするすばる。このやり取りが2回ほど。
可愛すぎる~~~
ここで、ヒナちゃんがニコチンパッチつけてるの確認。

・いろは節  ・エネルギー  

メインステ1塁側から出てきた大きいトロッコ2台。前の1台に3馬鹿。2台目に年下組。
始まる前にこの広さで交差できるのかな?って話してたら、両方とも同じ位置からの出発でしたね~
あ、このときにJr.くんたち登場です。知ってる人はいなかったですけど・・・

エネルギーで、2代目のトロッコが1曲まるまる目の前で止まってくれて大満足。
3馬鹿のトロッコは、3塁側の同じようなところで止まってましたね~
亮ちゃん「○ン○ン○ン」

・プロペラ
この歌好き~~ドームだけじゃもったいないですよね~


・MC

ヒナ「それでは、改めまして関ジャニ∞です。後ろの人もこんばんは」
横「久々に大阪に帰って着ましたよ。若干ど頭でズッコケ男道でしたっけ?安田くんが『地元大阪』と叫びましたけど、あなた神戸でしょ?」
ヒナ「かすってはいますけどね」
横「かすってはいますけど地元ではないですよね~」
章「テンション上がってしまいました」
横「笑ってしましました。早速嘘ついたって」
章「兵庫県でした(笑)」
横「いや~どうでした?なんかありました?」
ヒナ「昨日久々ですよね?横山裕から電話あったんですよ」
横「ちょっと待って。その話俺に説明させてくれ。ちょっとホンマに
昨日僕、ご飯食べてて、ミナミでご飯食べてたんですよ。お酒飲んでいい気分になってて。
そしたら、松竹座でJr.くんたちがリハーサルやってるってことで顔出しに行ったんですよ。
そしたら、Jr.たちが、某振付師の怖い方いらっしゃるじゃないですか?
その人がJr.たちにものすごく怒ってるわけですよ。『おい、ちょっとちゃんとやれよ』って。
僕、その声聞いただけで、シュッと帰ってしまいまして。」
ヒナ「まだ、Jr.のころのくせが抜けんくてな?」
横「そう、抜けんと、その声聞いたらJr.とも2,3人しか会わず、声聞いたら『俺、帰るわ~』って差し入れだけ置いて帰ったんですわ。
そしたら、お酒も飲んでるしテンションあがってしもうて、気持ちよくなってね。それで、最初武蔵さんに電話しようと思って、ムを押して電話したら、よう見たら村上信五発信中になってるんですよ。
ピピピやばいって思って、切ろう思ってブチって切ったんですよ。『あ~、大丈夫や間に合った』と思ったら、プルルプルル『あ~~~、どうしようこれ?』って」
ヒナ「そうやろ?」
横「マナーモードにもしてなかったから、回りのひとにもちょっとって必死でポケットこうやっておして」
ヒナ「出ろや」
横「恥ずかしい恥ずかしいって思って。どうしようかなって思って。今度はメールの音がなったんですよ。パッと見たらショートメールで村上信五受信中って」
ヒナ「アドレス知らんから」
章「知らんねや」
横「ショートメール村上信五てなってるから、パッて見たら『どうしたん?』どうしたん?ってどうもしてないし」
ヒナ「電話なってやで、俺かて」
横「そうでしょ?だから俺もごめん間違えたって入れようとしたんですよ。ごめん間違えたって入れたらなんて帰ってくるんやろ?延々メールせなあかんのかな?って思って無視したんですよ」
ヒナ「すごかったで。昨日の無視」
横「恥ずかしくなってね。なんでメンバーとこんなことしてんやろ?って。で。それから本屋さんに行ったんです。良い気持ちになって、マンガ買おうと思って本屋行ったんですよ。
で、僕ちょっと有名人やないですか?や、なんか気づいてる方が男性の方が、気づいてるな~って。
でも来るかこんかわからへんから、来るやったらきてほしいな~って。
曖昧やってん。で、ま~いいやってパーって見てたんですよ。その男性は赤色っぽいふくやったんですよ。で、見てたら次紫色のジャージ来た人が近づいてきたんです。
またや、もうええわ思ってたら、突然『すみません、握手してもらえませんか?』って。
丸ちゃんやってん」
章「え~、そんな偶然ってあるんや」
横「ビックリしてもうて。ビックリしたわ。本屋で『握手してください』言われて『はい。わ~』って。」
ヒナ「丸は何してたん?」
丸「僕も本買いに言ってたんですよ。たまたま」
ヒナ「待ち合わせとかやなくて?」
丸「じゃなくて、僕サイドの目線から言わしてもらうと、しゃりしゃりしゃりしゃり言うてんすよ。鍵みたいな音が。うるさいな~思って。ゆっくりみたいのになんや~って思ってみたら」
横「赤い服の人が丸ちゃんの友達やってん。だから、その人が言ってんて」
ヒナ「横山がおるでって」
横「そう、それで俺テンパッてもうてな。本屋でまさか丸と会う思ってへんからさ、でも丸は嬉しそうに
『何してんの?』とか言って。なんか俺そんなん恥ずかしいやん。さっきのヒナ件もあるからさ」
ヒナ「それは一連の流れやったん?」
横「そう一連のながれで、なんか全部見透かされてるのかな?って思って。『何やってるの?』『いいやん、別に』とか言うてて、友達おるなら行きやって『なら、行くわ』って行ったわけですよ。
俺、買う本決まってたわけですよ。一回バイバイしたのに、お会計のところに丸がおるんですよ。
分かる?」
忠「それ嫌やな~」
横「こいつもなんか訳分からんDVD借りてるからなかなか出てこんへんねん。どうしようかな~って思って丸が行くな~ってころ見計らってパッと行ったら、店員さんが「すみません。やっぱないですわ~」ってまだ長なって、俺どうしようって1回バイバイしたのに、1対1や。で、俺もテンパッテもうて、財布のクレジットカード全部バーと落としてもうて。」
ヒナ「新しいパターンやな?」
章「恋する乙女やんけ」
横「バー落として拾って、丸ともバイバイして、朝ですよ。知らん番号や。『もしもし』って出たら『カード落としてませんか?』カード全部落としてきてん」
ヒナ「アホや~」客席え~~~
横「(拾ったのを)おいて、本買って帰ってきとんねん」
章「むちゃくちゃやな」
横「それで今日遅刻してん」
ヒナ「それでか」
横「でさ、携帯番号じゃないですか?だいたい。会員証とか。携帯番号変わってるんですよ。
店員さんも、僕のこと全然知らないんでしょうね?『すみません。携帯番号変えてますよね?』
『はい。変えました』 『直接携帯に電話したけど、繋がらなくてカード会社を経由してじゃないと無理だったんで、ここで携帯番号教えてもらってよろしいですか?』って大きい声で言うんですよ。ちょっと待ってくれと。なんでこんなところで携帯番号教えなあかんねんと。『ちょっとすみません。簡便してください』『ちょっと待ってください。携帯番号絶対教えてください』ってめっちゃきまづかったわ」
ヒナ「あんたの忘れもんも直らんな」
横「でも、丸が友達とおんねんけど、丸がなんか変な感じやねん。関ジャニ∞じゃない丸やねん」
丸「素の丸山隆平やからな」
横「なんか兄貴的な丸やねん。ちょっといくぞみたいな」
ヒナ「へ~~」横「なんか違和感あったわ」
丸「横山くんの方が違和感あったよ」
横「なんで?」
丸「なんかめっちゃおどおどしとった。友達にも」
横「なんか気い使うやん」
ヒナ「ま、分かるわ」
横「なんか、ありました?」
章「ちょっと開いてましたもんね」
ヒナ「何、してたん?」
章「僕?丸と遊びに行こうって約束をしてて」
ヒナ「あ~、そうや。俺の誘いを断って丸と行ったんやもんな」
章「丸と話盛り上がりまして」
ヒナ「何してたん?ずっと一緒におったんやろ?」
章「はい。1日中一緒におりました」
丸「とりあえず、美術館めぐりしようってなって」
ヒナ「何見るの?絵?写真?」
丸「そのときは、東京のアール調の洋風庭園がありまして、そこに展示してある」
ヒナ「ふ~ん」
丸「興味ないの?」
ヒナ「で、そのあとどこ行ったん?」
章「写真展を二箇所行って。あれはどこですっけ?」
丸「恵比寿です」
横「大阪で恵比寿言うたらかっこいいと思うなよ」
章「思てないですよ」
横「そういうの1番いやや俺。恵比寿言うたらかっこええ思てるやろ?」
章「いや~思てないですけどね~」
横「お前みたいなんが六本木ヒルズ住むねん」
章「あんな、高いところ。で、そのあと大竹しのぶさんの舞台、丸がチケット取ってくれて行ってきました」
丸「女教師は二度抱かれる」
横「そんな二人でデートみたいなんしたんや。どっくんは何してた?」
亮「僕?NEWSでちょっと仕事して、昨日は休みやってぽにょ見に行ってきた。あれはほっこりするな~
宗佑さ~めっちゃ怖いやん。あとりさ、りさはええお母さんやな。俺、あんな人と結婚しようと思った」

横「夢あるよな。全部否定せ~へんもんな。普通やったらそんなんあらへんって言うのに、宮崎さんはすごいよな」
亮「0からあれを作り出すねんで。0から俺らに何が作れる?」ヒナ「そりゃ、ステージちゃうか?」
亮「そうや」
横「意外とヒナがいいこというたからな」
ヒナ「ぽにょ友達と行ったん?」
亮「そう、男友達と」
ヒナ「俺、ぽにょ一人で見に行ったわ。悲しいな一人で。でも一人で見てても別にええやんか。
しゃべることもないしさ」

横「ぽにょ見に行って、俺よりちょっと太った人見たら嬉しくなった。買った気すんねん。俺ぽにょじゃないって」
ヒナ「すばるは?ずっと仕事か?」
す「はい。ライブのリハーサルを」
横「そやな。ホンマに忙しい。大倉はドラマで」
忠「はい。」
横「ヤスコと太郎」
忠「男同士やないですか」
横「すごい、突っ込み上手くなった。」
ヒナ「ヤスコは女の子ちゃうの?」
忠「ヤスコは女の子ですよ。あ、男同士ちゃうやん」
ヒナ「横がケンジと太郎言うてたら、男同士やんけやけど」
横「それ、俺も恥ずかしいやん。よう考えたら。ヤスも出てたんやな?」
忠「はい。ミッキーって役で。」
横「ヤスっていう苗字やから出れたんやろ?」
章「関係ないですやん」
横「じゃ、そろそろ行きますか」

・Fuka Fuka~
2番の歌いだしで1番の歌詞を歌おうとしたよこさま。そこから自分のパート歌えず苦笑してた横さま。可愛い~~~

横「ありがとうございました」
忠「横山くん」
ヒナ「誤りなさい」
横「何?何がですか?」
忠「自分で作詞して1番大事な場面でしょ?」
丸「1番歌おうとしたやろ?自分」
ヒナ「人の詩や」
丸「同じって」
横「俺の機転の効かしたアドリブやないかい(笑)すみません。申し訳ないです。
広い景色やな~って見ててん。(開き直って)あ~忘れたよ。忘れた忘れた。
2番の1番って難しいやろ?どこから入っていいかわからんやん。」
ヒナ「いや、分かるやろ。何回やってんねん」
忠「分かりやすくどんどんどんってやってんねんで」
横「やからみんな歌うときに『さんはい』って言うて」
?「歌手でしょ?」
横「俺、歌手ちゃうと思う多分。すばるとヤスはスタンバイに知らん間にいってしもうたんですね。
でも、大阪ドームは2年ぶりなんですってね?47都道府県ではやってないですからね。
僕ら、最初のドームがここですからね。東京じゃなかったから。すごい広いよな~ホンマに。
360度って僕らだけなんでしょ?」
忠「だってセットないですもんね。みんな滝とかバーってあったりとかさ」
横「大倉。言っちゃダメ。みんなお客さんも気づいてるの。心の中に閉まってるだけ。だって、言われたやん。セットはお前たちだって。良いように言われたよな。俺たち。後から考えると大人たちにいいように言われてただけやったんやな」
ヒナ「そうや。セットな~(笑)」
横「どっくんがな~、ドラマやると。」
亮「はい。(番宣します)」
横「また、楽しみですよ。ラストフレンズで注目浴びましたから。でもあれでしょ?ラストフレンズとは違う感じなんでしょ?」
亮「そうなんです。すごく明るい役なんです。なんやろHなことすぐ言うような感じ。エスイーエックスとか。それをちゃんと読むねんで」
横「久々に聞いたわ。その言い方」
亮「言うたらあかんやろ?って思って」
ヒナ「親子席もあるからな」
横「俺、壁に書いてあるの見て、お母さんにどんな意味なん?って聞いたことあるわ」
ヒナ「お母さんなんて言ってくれた?」
横「そんなんいわれへんわ」
ヒナ「そんな役なんや」

横「大倉もね」
忠「はい。引き続きヤスコとケンジ」横「ヤスコと花子?」
忠「・・女同士やんけ」会場から拍手
忠「これで拍手ってどうやねん」
横「ただ言えた俺にも拍手してや」

ヒナちゃん、ありがとうおかん番宣。

丸「僕もnon-noさんに小節を書かさせていただいて、今日大阪では発売で、明日から全国発売されるってことで、よろしくお願いします。」
横「ちょっと待て。お前までお知らせしたら、俺は何したらいいの?」
ヒナ「横もお知らせあるやん」
横「いつも元気です」
ヒナ「1番大事なことです。」

ユニット紹介をし出した丸ちゃんに、何か言ってるヒナちゃん。
ヒナ「すみません。丸が間違えました。」
丸「すみません。ユニットの前にJr.くんが。Jr.くんがやりまして、1曲目がすばるくんとヤスくんで」
横「Jr.くんやで」と戻ってくる横さま
ヒナ「今ゆったで」
横「俺今行ったらヒーローになれるって思ってたのに。後ろでどっくんと大倉と次Jr.くんやのに、分かった。俺が行ってくる、まかしとけって。入ってないマイクを使い、しゃれにならんやんけ」
と、戻る横さま。かなり可愛かった~~
丸ちゃんもう1度紹介し直してました。

Jr.くんたち知ってる子はいなかったです。歌は歌わず、名前紹介と踊りだけでした。名前もJr.くんが言ってました。

・desire
この曲だけ画面がセピアっぽい白黒でした。
・torn
・ホシイモノハ

このユニットコーナーの画面も見やすかったです~~
アリーナでも左右で、一人ずつ映したりしてましたが、二つが引っ付いてるからどっちも見やすくて、いい感じでした。

・All of me~

・大阪レイニーブルー

・好きやねん ・関風~ ・イッツマイソウル
ここで、アリーナトロッコへ。
バクステの3人は、後ろからメインステの4人は前からブロックの間を一人ずつ。
好きやねんで途中止まって、関風はじまるまで動かず。
関風の間奏は真ん中横花道で1列になり、イッツ~で、前から来た4人がそのままバックステまで行き、後ろからの3人がメインステまで行ってました。

イッツでJr.くんたち終わりってことで、拍手でお別れ。
丸ちゃんとすばるの小芝居が可愛くてここも目が離せません。
これ目の前だったので、可愛くて・・・・

・ロマネスク
ドームはセンターステでしたね~。
途中で大山田の3人が準備に行くときに、左右に横すば
バックステにヒナちゃん、センターにそのまま亮ちゃんと別れてました。

・大山田セッション
円が3重になってるから、1番大きい円は上がったままで1番小さい円から上がって来る章たん。
それと同時に下がる真ん中の円に乗って降りていかなければいけなかった亮ちゃんが、大きい円に乗ってて降りれなくって。
丸ちゃんが、真ん中の円から上がってきたときに、1番大きいえんがやっと降りて言った亮ちゃん。
向こう向きで顔は見えなかったけど、章たんの後ろからライトの当たらないところにいる亮ちゃんの後ろ姿が可愛くって。

・DIVE
・強情にGO
・愛に向かって
これもドームだけですよね~

・BJ

アンコ
・無限大
・ワッハッハー

ナイアガラ成功と喜ぶすばるさん。


ダブルアンコ
・ズッコケ男道
このとき、自己紹介バージョン。
メインステから丸ちゃん亮ちゃんで競争を。センターステぐらいで亮ちゃん失速。
それを見て丸ちゃんも失速。丸ちゃんが油断したときに、亮ちゃん追い越し、全力疾走して、バクステまで。
丸ちゃんと亮ちゃんが「チッチキチー」と何度も。ソイヤソイヤに変わるもの?

またまた長~くなりました。
スポンサーサイト



Comment

 

先日はご一緒させて頂いてありがとうございました♪
すっごく楽しかったですO(≧∇≦)O
娘共々また大阪に行く気満々なので、その時は宜しくお願いします♪

ヒナちゃんのあれはニコチンパッチだっだんですね!!
気になっていたのでスッキリしました(=^_^=)
  • posted by ひろみ 
  • URL 
  • 2008.08/22 07:40分 
  • [Edit]

 

ひろみさん早速ありがとうございます。
私も楽しかったです

また、お会いしたいです~~。

福岡で亮ちゃんがしていたんですよ~。それをすばるが取ろうとしたり・・・
可愛かったですよ~


これからもよろしくお願いします。
  • posted by あやめ 
  • URL 
  • 2008.08/22 21:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

はなちゃんアナログ時計

プロフィール

あやめ

Author:あやめ
仁くんと博貴くん溺愛 ∞LOVEなあやめです
最近関西Jr.にもハマってます。照史LOVE

仁28歳誕生日まで

結婚レシピ

博貴26歳誕生日まで

結婚レシピ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

楽天ブロードバンド

じゃらん

ホテル・旅館

ホテル・旅館

高速バス

高速バス

ジャニーズ最新情報

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

占い

アクセス

右サイドメニュー

照史23歳誕生日まで

結婚レシピ

横さま31歳誕生日まで

結婚レシピ

亮ちゃん28歳誕生日まで

結婚レシピ

章たん28歳誕生日まで

結婚レシピ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Amazon

yahoo!オークション

yahoo!オークション

FC2ブックマーク

ブログランキング