FC2ブログ

Real Honey

ジャニヲタになって十数年。仁くんと関ジャニ∞溺愛です。最近は関Jr.も大好きです

Entries

∞福岡1部

お待たせしました(って誰も待ってないかもしれませんが・・・)

大阪に帰ってきました~~

∞さん福岡レポです~



長~~いと思いますので、お気をつけください。



横さま、前髪上げてる~~

亮ちゃん・・・・かなり残念な髪型です。色は黒いな~と思うけど、気にはならず(しょいのときぐらい?)


・Do You Agree?

歌いだしが1小節早かったすばる~苦笑いしてました~可愛い。


・旅の~

・魅せてくれ

横さまの正面で、かっこいい~~の。一緒に入ってたJが珍しく「横がかっこよかった~~」って言ってありました~~


・∞o'clock

メンバー紹介久しぶりに聞いたと思ってたら、福井からちょうど1ヶ月ぶりの参戦でした。
ん?横さま鼻声?鼻炎かな?

・ズッコケ~

自己紹介Ver.
横「・・・僕です」と名前言わず(笑)

・挨拶
横「福岡の皆さんただいま~関ジャニ∞です~。横山裕くんです~最後まで盛り上がちゃってください~」

章「どうも安田章大です~。みなさん楽しんでますか~?盛り上がってますか~?気持ちはいいですか?(かっこよく)最後まで俺たちと暴れようぜ」

たつ「どうも、椿純です。最近『沖さん、沖さん』って言うのが、『奥さん、奥さん』って言われてへこんでます。でも、今日は精一杯楽しもうと思ってるので、盛り上がって行きましょう」

す「こんにちは~。渋谷すばるで~す。久しぶりですね~福岡ね~(しゃべり方がゆる~すぎて、なんて言ってるか聞き取りずらいしゃべり方をわざとしてました)元気にしてますか?僕も元気なんで最後まで&%(&%$#’()。ホントに。いや~でもね、こんなに集まってくれて嬉しいです。こんな感じで今日は最後まで楽しんで行ってください」

亮「皆さん、こんにちは~。・・・・・錦戸亮です。(5,6回煽って)今日は暑いですね~。福岡は本当に暑い・・・」

ヒナ「終わりかい~。今日は亮ちゃん元気です。どうも村上信五です~(略)」

丸「どうも丸山隆平です。後ろの皆さんも丸山隆平です。本日は関ジャニ∞のコンサートに来て頂き、まことにありがとうございます。僭越ながら、手前味噌ではございますが、私のこちら、丸山名物パーンですね。知らない人には一応レクチャーしておきましょう。右手を高く上げて、私がせ~のとか、
福岡とか、○○ちょ(聞き取れなかった)とか合図的なことを言ったら皆さん、右手を高く開いてパーンですよ。じゃ、ちっちゃく練習してみましょうか。
○○ちょ(パーン)
まま、そんなもんでしょ。
♪知ってる人も知らない人も右手上げて~~。上げ上げて、上げ上げて、上げてちょうだい。ランラランら、ランラランラ、ララララ~ラララ~~♪
せ~の(パーン)じゃ、行ってみよう。Heat is on」

・Heat~ ・Explosion

すばると亮ちゃんすれ違うときにバック転どうするか確認(しませんでしたけど・・・京セラではしてくれるでしょう)
すばるヒナちゃん丸ちゃんのじゃんけんを見忘れ気づいた時には、すばるが手のひらパーにして見つめてたから、すばる?って思ってたらフェイクは、丸ちゃんでした。


・ケムリ

最初のケムリ(笑)が多すぎて最初の丸ちゃんが全く見えず・・・
間奏の2・3・3での踊りのとき、福岡は横が狭いから2人組は端まで行かなきゃいけなかったので、横さまがすばるにあっちやって感じで教えてました~~

・未来の向こうへ

・太鼓 ・F.T.O

たつのエロ太鼓はなし。たつの「被ってる~」の後、たつを見てニヤリな丸ちゃん。
前むいて「ごめんなさい」尺八はためてためて。

FTOは忙しい~~。
すばる章たん。横すばる。すばる章たん。横丸の順で何かやってるから。どこ見ればいいの?状態で。
横丸が遊んでるの初めて見たんですけど、横さまは右手上に上げて丸ちゃんは左手上げて、人差し指同士を両手でつけてました。正面から見たらハートに見えなくもないみたいな感じです。

・天誅
この琴が鳴り始めた時から敵になるヒナすば。
刀持つ前も踊りながらずっとにらみ合ってるヒナすば。
花道行ってからもずーっと何かしてたっぽいんだけど、こっちの花道で、横さまは刀でゴルフの素振りしてるし、その後ろでずっと、剣道でいう面の素振りをしてました。
それを見た横さまが真似して見詰め合って素振りしてるし。
ここコントですよね~


・サムライブルース
すばるにマイクを渡しに行く章たんが可愛い~~の。

・浪速いろは節
横さま、ヒナちゃん、たつよし、亮ちゃんは、スタンドトロッコへ。
客席は通らずスタンドへ

・エネルギー
外周からスタンド最善のほうに行ってた丸ちゃん。
章たんのうちわに顔を寄せて歌っていて、自分のパートが終わるとうちわの章たんにチュっと。
その画面を見ていたらしい章たん「それ、俺やないかい」
丸「そうや。お前や」
そのあとも、丸ちゃん親子席まで降りて握手してあるいてました。


MC
ヒナ「改めまして、関ジャニ∞です」
横「オリンピックも始まりましてね」
なんかゴソゴソしている亮ちゃん
横「どないしたん?」
亮「これ(ボトル)ヤスが投げてくれたんやけどな。割れた」
ボトボト中身が落ちてます。
横「あ~あ、早速ヤスは悪いところをみせましたね」
ヒナ「悪いのテーマやからな」
横「ヤスは早いな~(笑)」
章「チョイース」と言いながらもタオル持ってきて拭いてる章たん
丸「チョイースって言いながらちゃんと拭いてるやんけ」
横「安田くんがね。さっき楽屋で話してたんですけど、最近おかしいと。僕とヤスとすばるとゲームしてたわけですよ。そしたら、安田くんがまたわけわからんこと言い出したんですよ」
ヒナ「おん。なんて言うたん?」
横「『僕は人妻よりも新妻が好き』どっちとも人妻やんけ」
ヒナ「妻やからな」
横「わけわからん」
章「女性的な感じが出るじゃないですか。人妻になればなるほど」
ヒナ「人妻言うてるやん」
忠「なればなるほどやったら、新妻でもないしね」
章「女性的なかんじがいっぱいするじゃないですか」
横「言うてることがおかしいやろ?分かってる?」
章「分かってないですね~。
皆さん知ってました?いきなりなんですけど、天然水ってあるじゃないですか?
あれって、東京やったら○○から水を取っていて、大阪やったら大山ってところから取っていて、九州やったら阿蘇山から取ってるらしいんですよ」

横「安田くん、へ~ってなられへん」
章「そこからなんですよ。」
ヒナ「そこからまだあんねんて。ちょっと聞いてあげて」
章「聞き水ってあるじゃないですか~。実際してみたら、味が全然違うんですよ」
ヒナ「君はしたん?」
章「今日しました。衣装さんが盛り上がってて飲ましてもらったんですけど、こっちのほうが軟水なんですよ。ほんで、大阪とか行ったらちょっと硬くなっていくんですよ」
横「安田くん、ここでは全然盛り上がらへんかったな」
章「みんなで楽しく話してたらもりあがるんちゃう?」
丸「井上は何水か知ってる?」
章「知らない」
丸「陽水(笑)」
章「知らないでしょ?みんな」
横「丸ちゃんが助けてやったのに、まだ続ける気か。丸ちゃんが綺麗に落としたのに、まだ続けるか」
章「じゃ、止めます」
忠「男らしいってそういうことじゃないから」
章「関係ないやろ。それとそれは関係ないやん」
横「ほんまあかんで」
ヒナ「でも、ヤスいわく自分はいじめっこやったって」
章「そうやで。全然わからんでしょ?」
横「もうええやん。なんでそんな悪くなろうとするの?」
章「なってないやん。ものすごいナチュラルやん」
忠「自分のキャラが嫌んなんでしょ?」
章「なってないですよ。むしろこのキャラクターを作ってやってるわけじゃないですから」
丸?「悪かった」
章「悪かったっていうか、昔はリーダー格やったっていう」
ヒナ「いつから変わっていったん?それは」
章「小学校卒業してから、中学校入ってだんだんリーダー格ではなくなっていった。ミドルぐらいになって」
丸「ミドルって」
忠「それは、だんだん背が追い抜かれたからやろ?」
章「いや、そうじゃないですけど。中学高校では普通ランクになりまして、今に至ると。イジラレルようになりましたね」
横「ヤスとしては今の位置はどうなん?楽しい?」
ヒナ「でもたまにイラっとしてるやろ?」
章「イラっとするときもたまにあります」
丸「ヤスってイラっとしたらめっちゃ早口になんねんな。『お前、こここうな?』『&’%$W#&)』
どこの人間のひとやろう?って思うぐらい」

章「でも、尼の人間ってだいたいそうですよ」
ヒナ「知らんがな」
章「だって、ダウンタウンの浜田さんそうでしょ?」
忠「九州に尼って言ってもわからんやろ?誰もが知る尼みたいな言い方すんなや」
横「ってか。安田に強い大倉がおるんやけど」
忠「さっき、楽屋で大倉がこういうたら、『ちょっと黙れ』とか強めに言うてって言ってたやん。」
横「そうそう」
忠「だから、言ったら全然こうへん」
章「ふぁい」
横「なんなん、もう。しっかりして」
章「しっかりしてるって。これがホンマに家でもそうやし、変われへんねん。」
ヒナ「家でも一人で『ふぁい』とか言うてるの?」
章「親とかとおったら結構ふざけてるで」
ヒナ「君、おかしいで(笑)」
章「みんな、おかしいで」
ヒナ「仮に、みんなおかしいとしよう。でも、郡を抜いておかしいで」
章「みんながみんな、結構自分のこと普通やと思ってるでしょ?」
ヒナ「丸は思ってないよ」
丸「俺はちゃんと自分がおかしいと思ってます。もう小学校から気づいてました」
ヒナ「早くもわかっとったんや」
丸「あまり人には言えないです。訳もわからんと、教科書破ったりしてましたからね」
ヒナ「それは、あかん。教科書破ったらあかん」
横「丸、それはあかん。教科書は」
ヒナ「お勉強するもんやから」
丸「抵抗心があってね。尾崎豊の窓ガラス割ったり。」
忠「教科書破って、食べてたんやろ?」
丸「食べてないよ。それ、メリーさんの羊やんけ」
ヒナ「ヤギやろ?」
丸「ヤギや。」
横「食べんこともないからな」(メリーさんの羊も手紙食べちゃうからあってたんじゃないかな?)

横「安田くんホントにしっかりしないと」
章「しっかりしやしますよ」
横「しだしますよ?安田くんの名言っていっぱいありますよ」
章「でも、結構すぐ忘れません?」
横「いやいや、結構覚えてるよ。マクド行ってナフキンのことをナプキンくださいって言ったり」
章「でも、店員さん笑ってましたよ」
忠「そら、笑うでしょ」
ヒナ「この子頭おかしなって思われたちゃう?ホンマ気い付けや。一人がおかしいとみんながおかしいと思われるから」
章「いやいや、みんなおかしいって(笑)」
ヒナ「おかしないって」
横「ヤスから見て誰がおかしい?メンバーで誰がおかしい?丸抜いて」
丸「俺はな」
横「ホンマに思ってる人言うてや」
章「うん。言う」
横「順位つけてや」
章「順位か~。ちょっと丸相談しよう」
横「お前が一人で決めろや」
丸「ヤスの感性で」
章「ええっと、2位は~」
横「1番普通なんだれや?」
章「普通なん?難しいな~。ムカつく」
横「ムカつく?今、はっきりムカつくって言ったよ」
章「難しな~って言おうとしてん」
横「なんで順位つけるのに、ムカつくん?」
章「でも、1番おかしいのは、村上くんやと思うな~」
ヒナ「なんでや~」
章「いや、おかしいやろ?」
横「肌?」
ヒナ「肌は・・・」
章「おかしいやろ?」
横「ヒナちゃんのどんなとこがおかしいの?」
章「わからへん。もうなんか難しくない?村上くん。頭の中で3つも4つも考えとるやろ?」
ヒナ「考えてへんよ」
横「おかしいとか以前に、メンバーの寝顔見てて男前やな~って思うんやけど、お前だけ思われへんねん」
亮「ムカつくな~」
ヒナ「なんで?」
亮「ムカつくよね~」
横「なんかこそ泥みたいやねん」
丸「ヒゲがあるから」
横「分かる?」
亮「分かる」
横「なんか、こそ泥が泥棒し終わって疲れた顔やねん。泥棒でも失敗してんねん、今日の収穫なかったバージョンやねん。」
ヒナ「泥棒の中でもでけへんやつなんや」
横「そう出けへんやつ」
丸「で、口開けて寝るやろ?自分」
ヒナ「知らんわ。自分の寝顔なんか」
丸「朝、起きたらパサパサなんか知らんけど、カッ、カッってすんねん」
横「で、朝迎えに来たマネジャーの車に乗るじゃないですか?僕がだいたい最後でしょ?車バッと開けた瞬間、ヒナちゃん昨日酒飲んだなってわかんねん。開けた瞬間やで」
ヒナ「すごいな~それ」
横「ヒナ寝てんのにやで。車の中でもあ、ヒナちゃん昨日酒とにんにく食ったなって]
ヒナ「お知らせやん。それ。昨日酒飲んだよ~って、にんにく食べたよ~って。でもお前は優しいから言わへんやん」
横「言わんよ。言ったってしゃーないやん。あ~楽しかったんやろうな~って。でも分かるやろ?ヒナが飲んだ後って」
ヒナ「俺とヤスは残りやすいんやな」
章「残るな~」

横「次は誰がおかしい?」(まだ続くのね~)
章「次は、よこちょ。いつまでも子供やから」
横「とりあえず、俺って言うのやめてくれる?」
章「違う」
横「とりあえず、アンパイやろ?みたいなん」
丸「消化やろ?」
横「消化や消化。どっくんとか言うの気まずいから横山って言うとこみたいな。」
章「レコメンコンビはおかしいと思うもん」
横「どういうとき?それ」
章「いや、分からへんけど。俺も根拠のない理由があんねんけど」
ヒナ「それ言えよ」
章「根拠ないから理由はないんじゃないの?」
横「福岡にいい病院はないでしょうか?あったら教えてください」
?「ないんじゃないですか?」
横「東京大阪では見つかりませんでした。福岡ではないでしょうか?」
ヒナ「もしくは、この中にお医者さまはいらっしゃいませんか?助けてあげてください」
章「飛行機やないんやから(笑)」
横「飛行機がないってどういう意味?それどういう意味?飛行機がないって(笑)」 
章「しゃべればしゃべるほどボロが出る~~」
丸「ヤス、俺は分かるでお前の言ってること。飛行機のなかで、『誰かお医者さまはいませんか?』ってやることでしょ?」
章「そう」(って多分横さまが聞き間違ったから分からなかったんじゃ・・・私の周りはみんな章たんお言いたいこと分かってたけど・・・・)
横「じゃ、スタンバイ行きましょ」

・Fuka Fuka~

MC
ドラマ番宣
情報がぼんやりな大倉さん
横「現場はどんな感じなん?」
忠「現場はめっちゃ明るいですよ」
横「その現場で大倉はどんな感じなん?」
忠「僕、ボケ~としてます」
横「言うても関ジャニ∞の中でもようしゃべるほうやんか」
忠「いや~人見知りなんでしゃべれなかったですけど・・・」
横「ヤスが来たときはどうやったん?」
忠「ヤスとずっとしゃべってた。でもヤスは俺としゃべってるよりヤスはみんなとしゃべってるほうやったから俺の元から離れてった」
ヒナ「巣立ってったんや。早くも」
横「現場なじむの早いねんな~」
忠「早いですよ~」
横「めっちゃスタッフさんにもかわいがられてたんやろ?」
忠「かわいがられてまして~」
横「大倉の決めセリフってないの?毎回言うみたいなん」
忠「沖さん」
横「それは毎回言うんや」
忠「そう、後『どうしたの?』ってよう言うねん。そしたらスタッフさんに、近所のおじちゃんみたいんやなって言われんねん。暖簾くぐって『どうしたの?』っていうおじちゃん」
横「ふ~ん。なんか王子さまになったりしてたんやろ?」
丸「あ~なってた。こんなんしてた(ポーズする丸ちゃん)」
横「どっくんはラストフレンズで決めセリフとかなかったの?」
亮「俺?俺は『みちる』ってずっと言ってた」(キャーと客席)
横「いいな~。そんな一言でキャーってなって」
ヒナ「後、出てきたときの音楽な」
亮「そう、(真似してたけど、言葉にできません)。それだけで、ヒャーってなる」
ヒナ「またやるんやろ?」
亮ちゃんの番宣へ。

丸ちゃんのユニットコーナー紹介
3つとも紹介したあと、
丸「おれがやりにくいからって逃げんなや。逃げちゃダメだ。一生懸命生きてるんやから。今年で25歳や。20代折り返し地点や。思いっきり行くで。こっからは下り坂のように」
ヒナ「登らんのや。はよ、紹介して」
丸「まずは1曲目すばるとヤスでdesire」

・desire
・torn
・ホシイモノハ

・All of me~

・レイニー
横さま間違えなくなりましたね~、それはそれで面白くない・・・

・好きやねん
スタンドマイクが置けなかったようでなしです~
横さまの振りが・・・わざと一個早めに踊ってるんですよね~
あれ見てたら自分も分からなくなってしまう。でも可愛くて見ちゃうんですよ。
一言はすばるさん。焦るすばるさん。

・関風~

・イッツマイソウル
これもスタンドマイクなしです

・ロマネスク

・大山田セッション

・DIVE

・強情にGo

・BJ

アンコ
・無限大

・ワッハッハー
すばる、章たん、丸ちゃん、横さまスタンドトロッコへ。

たつよしが春コンで落ちたところからサイン投げてたので、ドキドキ
今回は助走なしだったので、危ないこともなく・・・・
丸ちゃん、トロッコから降りてきて浴衣着た2歳ぐらいの女の子にチュっと。


長々とお疲れ様でした。



スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

はなちゃんアナログ時計

プロフィール

あやめ

Author:あやめ
仁くんと博貴くん溺愛 ∞LOVEなあやめです
最近関西Jr.にもハマってます。照史LOVE

仁28歳誕生日まで

結婚レシピ

博貴26歳誕生日まで

結婚レシピ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

楽天ブロードバンド

じゃらん

ホテル・旅館

ホテル・旅館

高速バス

高速バス

ジャニーズ最新情報

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

占い

アクセス

右サイドメニュー

照史23歳誕生日まで

結婚レシピ

横さま31歳誕生日まで

結婚レシピ

亮ちゃん28歳誕生日まで

結婚レシピ

章たん28歳誕生日まで

結婚レシピ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Amazon

yahoo!オークション

yahoo!オークション

FC2ブックマーク

ブログランキング